フィジェットキューブの紹介・使い方

先日、相方が仕事関係でこんなものをもらってきました。
サイコロ型の手のひらサイズのオブジェです。しかも2つも。
R0033402

オフィスや学校などで、ボタンやスイッチをかちかち押したり、ダイヤルを回したりして遊ぶもののようです。手持ち無沙汰の時にいじるとなんとなく気がまぎれる、ストレス解消グッズらしいです。会議や勉強中、ペンを回したりする行為の代わりとしても活躍するとかしないとか。

子供のおもちゃとしても良さそうですし、大人ももちろんどうぞというグッズです。

スポンサーリンク


R0033404
このサイコロ、名前は何と言うのかググってみた所、「フィジェットキューブ(fidget cube)」というらしいです。名前だけで言うと、どうやらアメリカで最近流行っている「フィジェットスピナー」の仲間っぽいです。(名前だけは)

因みに、フィジェットスピナーの過去記事はこちらからどうぞ。
今、アメリカで何故か流行中のおもちゃ ハンドスピナーを試してみた フィジェットスピナー


フィジェットキューブの生い立ち

このフィジェットキューブ、元々はアメリカのクラウドファウンディング(資金調達)サイトの「キックスターター」のプロジェクトだったようです。フィジェットキューブのプロジェクトは、2016年のキックスターターで最も資金提供を受けたプロジェクトの一つだったんだとか。 開発会社はAntsy Labsという会社です。

スポンサーリンク

フィジェットキューブの購入方法・販売店

ウチにあるフィジェットキューブは企業のノベルティーグッズなんですが、Amazon.comやAmazon.jpなどで購入することもできます。

価格は、アメリカで安いものは$3程度から、日本では400円程度から購入できます。安いものは偽物という情報もありますが...。

新し物好きの方やご興味のある方は、使い心地を是非試してみては如何でしょうか?

Amazon.jpでフィジェットキューブを見る

Amazon.comでフィジェットキューブを見る




にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。宜しければポチってくださると更新の励みになります。


更新状況をお知らせしています Twitter facebook