昨日に引き続きまして、USPSの記事で恐縮です。今日の記事はぶっちゃけ個人的な愚痴です。

3日程前に、私が日本宛に発送した小包があったのですが、その荷物が、今日になって私の家のポストに入っていました。

お読みの方には何のことやら、意味が分からないかとは思いますが、私自身も書いていて意味がわかりません。

何故荷物が返送されてきているのか?と動揺して、荷物の外観を確認したところ、投函した時のまま戻ってきているのです。

というのも、アメリカ国外宛の国際小包の場合、税関書類や宛名の記載の仕方に不備(最近は宛名日本語で書くのも多分ダメです)があったりすると、返送理由を書かれたシールが貼られて、差出人に返送されてしまうことがあります。それかと思ったんですけど、そのシールが貼られていない。かと言って、料金不足でもないし、荷札に不備も特に無い。

スポンサーリンク


考えられるとするならば、考えたく無い、まさかとは思うけど、USPSの配達員の人がTo(宛先)とFrom(差出人)の欄を読み間違えている?としか思えないような返送の仕方でした。

荷札はUSPSのオンライン送料決済のテンプレ印刷そのままだし、宛先は荷札のど真ん中に大きな「To」の文字と共に印字されてるし、間違えようが無いと思うんですけど、もしかして間違えている?

宛先の「JAPAN」の下に、赤線引いて目出つようにしてるんですが、(時々、他国やアメリカの他の都市に誤配されるので)それでももしかして間違えている?

_| ̄|○

しかも、追跡記録覗いたら、誇らしげに「Delivered(配達済み)」とかなってるし。全然「Delivered」じゃないっつーの!


誤配、謎の配送遅延など、USPSの人の仕事っぷりには毎度がっかりさせられることが多いですが、今回、あまりにレベルの低い間違いに、本当にがっかりしました。

人間だから誰でも間違いはあると思うのですけれど、私も間違いは色々起こしますが、それにしても間違えの頻度(誤配)多すぎ、間違えのレベルが低すぎると思うのです、USPS。

で、その後、急いで新しい荷札を自腹で決済して再発送しましたが、今度はちゃんと日本の宛先に届けてくれると信じたいです。


スポンサーリンク


そして、私の所に誤配された分の荷札の料金$13.75を返金してもらえないかと、USPSのClick-N-Shipのページから返金請求したんですけど、配達記録が既に1つでも付いている荷札の返金はできないと言う理由で返金拒否されました。えー。

納得行かないので、今度はClick-N-Shipのメアドの方に誤配された旨説明して返金要求した所、やっぱり配達記録が付いている荷札の返金はできないと言われました。えー。

更に、USPSの「File a Claim」ページから送料返金要求しようと試みたんですが、荷札の種別がClaim対象外のFirst Class Package(補償の無い普通郵便みたいなもの)だからか、送信エラーでClaimが送信できませんでした。えー。

ちなみに「Request Refund」のページも覗いてみましたが、First Class Packageはリクエスト欄自体無しでした。

この誤配された郵便料金$13.75、このまま返金されずに、私は泣き寝入りせざるおえないのでしょうか、悔しいです。

荷札を追加購入せずに、誤送された荷物をそのままポストに再投函した方が良かったのでしょうか。でも一度「Delivered」というステータスが付いた荷札のまま再投函すると、配達されずに、また返送されてきそうで怖くてできませんでした。もう既に3日時間をロスしているし、これ以上お客様を待たせることになるのもどうかと思いまして...。


この件に関して、もし何か、良いご経験談をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非私にご教授頂けると幸いです。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。宜しければポチってくださると更新の励みになります。


更新状況をお知らせしています Twitter facebook