本日は、今週から封切りとなりました、映画デッドプールの記事です。

私、デッドプールに関しては、最近日本で沢山刊行されている邦訳を、時々取り寄せて読む程度のライトなファンです。が、ライトファンなりに公開前からずっと楽しみにしてきた映画でした。早速観てきましたのでレポート&感想です。

「Deadpool」(デッドプール)
監督 ティム・ミラー 主演 ライアン・レイノルズ
日本では2016年6月公開予定

 image
まずは公開前の街角ポスターです。うざいくらい連貼りされたデッドプールさんです。ポーズも普通っぽい腕組みバージョンと、うざい感じのハートマーク&きゃぴって感じの全3種です。

IMG_6136
ビルの巨大壁面広告です。寝そべるデップーさん。丁度デップーさんに新しく張り替えている日に撮影したので、足元の部分がまだありません。

image
バス広告の横長デップーさん。バス側面の他にもバス亭のベンチにもこの横長デップーさんが使われており、よく見かけます。

image
2/19写真追加。スーパーで見かけたMike's HARDERというお酒のデッドプールバージョンです。映画とのタイアップ商品はこれくらいしか今の所見たことはないです。

image
映画館内のスタンディーです。デップーさんのお膝の上に座れるようになっていますが、あんまり座りたくない感じなので、遠巻きに記念撮影してきました。

image
おっと、こちらにはX-MEN Apocalypseの大型スタンディーもあります。X-MENは前回のフューチャー&パストだけ見てますが、実はあまり良く知りません。

image
でもクイックシルバーちゃんがお気に入りなので、次作の彼の出番が楽しみではあります。少々話が脱線しましたが、デッドプールの話に戻ります。

このデッドプールですが、アメリカではR指定であります。17歳未満の鑑賞は保護者同伴です。どういったものがR指定になるかというと、具体的には卑語、激しい暴力、発砲、ヌードなどの要素がある映画がR指定されるようですが、デッドプールにはその全ての要素を完全網羅に近い状態で兼ね備えており、ある意味R指定になるべくしてなった映画という感じです。

映画がR指定になると、全年齢対象やレーティングが低めの映画に比べ、比較的動員が見込みづらくなるらしいのですが、昨日の公開初日の動員だけ見るとR指定映画の中ではかなり好調の模様です。

映画サイトRotten Tomatoでも2/12現在、批評家評価84% 観客評価96%となっており、好調の程が伺えます。

私が観に行った映画館の人入りも、平日昼間であるにも関わらず、席数に対し6割程度と結構お客さん来てました。


以下はネタバレを含む感想となります。物語後半のあらすじなどを含む記載なども有り、映画鑑賞時の楽しみを損なう可能性の有る内容も含まれていますので、自己責任で、ネタバレても大丈夫な方のみお進み下さい。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ネタバレ注意報↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


続きを読む