今日はアメリカの硬貨にまつわる話あれこれです。

目次

スポンサーリンク

25セント硬貨の様々な絵柄

日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカには25セント硬貨というものが有ります。1ドルの4分の1という、10円とか50円硬貨に慣れてしまっていると、何だか中途半端で気持ちが悪い単位だと思ってしまうこの硬貨ですが、実は色々な柄があると最近気がつきました。(←今まで気づいていなかったらしい。)

R0032857
因みに25セント硬貨の柄で、一番割合が多くてオーソドックスなのはイーグルと人物の横顔のパターンです。

R0032855
自宅にある25セント硬貨で、イーグル柄以外のものを集めてみました。絵柄の内容は、アメリカ各州の名所や特徴を表す図柄のようです。こうして並べてみると、バリエーションがすごく沢山あるのに驚きました。

小さいものの収集癖がある私としては収集欲を掻き立てられます。

R0032856
この州の絵柄の硬貨は、1999年から2008年にかけて発行された、「50州25セント硬貨プログラム( The 50 State Quarters Program)」というものなんだそうです。記念硬貨とは異なり、大量に出回っているので、希少価値はあまり無いそうなんですが、造幣局によると、コレクターは一億人以上いるとか(本当かしら。)

50州の絵柄コレクションの他にも、アメリカ国立公園の絵柄コレクションもあるようです。硬貨の外周に縁のあるデザインのものが、アメリカ国立公園コレクションと思われます。

R0032863
因みに、カリフォルニア州の絵柄です。カリフォルニアコンドルとヨセミテ渓谷、ジョン・ミュアーというおじさんが描かれています。

R0032864
50州でもないし、国立公園の絵柄でもなさそうな硬貨が混ざっていました。調べてみた所、この硬貨はアメリカ独立200年記念硬貨のようです。

25セント硬貨の使い道

この25セント硬貨ですが、色々な使い道があります。ストリートパーキングのパーキングメーター、公衆電話、集合住宅の洗濯機&乾燥機、コインランドリー、有料道路の支払い、などなど。

私の住んでいるアパートは、洗濯の際には一回につき11枚の25セント硬貨が必要になります。買い物は食料品や少額の買い物でもデビッドカード(銀行口座と直結しているカード)で支払いを済ませることが多いため、常に25セント硬貨が不足しています。

なので、スーパーのトレーダージョーズで、定期的に25セント硬貨のロールを両替してもらっているくらいです。

50セント硬貨

実はアメリカには、50セント硬貨というものが存在します。出回っている数が少ないようで、あまり見かけ無いのですが、先日、アメリカ在住4年目にして初めて50セント硬貨をゲットする機会が巡ってきました。
R0032858
50セント硬貨はジョン・F・ケネディ大統領の図柄です。

R0032859
裏面(表面?)は25セントの図柄に似たイーグルの紋章です。アメリカ大統領の紋章なんだそうです。

使い道はというと、自販機は50セント対応していないものが多いので、使えないと思っておいた方が良さそうです。

めずらしいので、記念にとっておくという人も多いようですが、結構大きくて重さもあり、持ち歩くのにはずっしりしすぎなので、買い物の時に支払いで消化するのがいいかもしれません。

因みに、こちらもあまり見かけませんが、1セント硬貨というのも存在します。


溜まったアメリカの硬貨の使い道

R0032860
アメリカに観光で来てた頃は、日本と同じノリでお会計でぴったり小銭出そうとして、もたもたしてしまい、イラッとしたコンビニのレジのおばちゃんに財布と小銭を直接むしり取られたなんて事もありました。

アメリカに引っ越してきてからは、デビッドカードで支払いをすることが多いので、小銭をぴったり出す練習をする機会にも恵まれず、多分今でも小銭の計算にもたもたしてしまうと思います。

時々、現金払いのみのお店などで貰うおつりですが、消化するのが面倒くさい&消化する機会もあまりないため、25セント硬貨のみキープしておいて、他は箱に入れて貯めてます。

近所のスーパー、ラルフズ(Ralphs)に小銭計算機(コインカウンター)というものがあり、その機械に貯めておいた小銭をザザーっと流し込むと、合計金額を計算してくれ、そのスーパーの商品券やAmazon.comのクーポン券などに変えてくれます。

最近は、もうその機械頼みで、小銭を消化するという作業を放棄しています。あの機械のお陰で、小銭を消化しなきゃという義務感から解放されて、気が楽になれます。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。宜しければポチってくださると更新の励みになります。


更新状況をお知らせしています Twitter facebook


スポンサーリンク