アメリカで何故か大流行のおもちゃ、ハンドスピナー

今、アメリカで何故か流行中のおもちゃがあります。そのおもちゃの情報をどこからともなく聞きつけてきた相方が、Amazon.comで衝動買いしたのがこちらです。
IMG_2425
ハンドスピナー(Hand Spinner, Fidget Spinner)というらしいです。中央を指で持って、羽根を勢い良く回すと、結構長い間回転し続けるので、それを眺めて遊ぶ、というおもちゃらしいのですが、で?って言う、正直リアクションに困るおもちゃです。

スポンサーリンク

IMG_2429
高速回転中のハンドスピナー。ベアリングで回っているらしいです。

IMG_2427
机などに置いた状態でも回転できます。

うちにあるものは2つ羽根のものですが、3つ羽根のものもあるようです。素材はステンレス、チタン、胴、真鍮、アルミニウム、プラスチックなど色々なものがあるとか。価格は2,3ドル(200円)程度のものから20ドル程度(2,000円)程度のものまで、ピンキリのようです。最近、日本でも紹介され始めたようで、日本でも入手可能です。




実際にハンドスピナーを使用してみた感想

うまく回転させると、数分間回転し続けます。回転しているのを見ていると、妙に心が落ち着くとか、ストレス解消になるとかいう声があるらしいです。確かに、回転部分の抵抗が少なくて、いつまでもシュイーンと回っているのを眺めていると、ちょっと気持ちがいいような気もしなくもないです。

「何分回せるか」的な遊び方もできそうで、そういった意味では日本のコマ遊びを彷彿とさせるアイテムでもあります。形は、3つ羽根バージョンとか特に、手裏剣っぽくもあります。

個人的にはただ回して遊ぶだけじゃなく、発電とかできると楽しいのにとか思っちゃいます。

ハンドスピナーの生い立ち

このハンドスピナーは、アメリカのキャサリン・A・ヘッティンガーさんが、重症筋無力症の娘さんのために発明されたものだそうです。それが2016年の年末頃からマスコミやYoutubeなどで取り上げられるなどして、露出が高まり、2017年春頃から大流行し始めたようです。

ハンドスピナーが流行りすぎて禁止の学校も

アメリカの学校では、子供達の間で流行りすぎて、ハンドスピナー禁止になっている学校もあるとか。実際、先日映画館に行った時に、小学生くらいの少年がハンドスピナーを持ち歩いているのを見かけました。本当に流行っているようです。

ハンドスピナー特定の病気に効果有り!?

このハンドスピナー、ADHD、自閉症などの病気に対する効果があるのではないか、と一部の間で言われており、実際Amazon.comではキーワードにADHDなどの言葉を入れて売っている商品もあるようですが、このような病気に有効かどうかの十分な研究は、まだされていないとのことです。

単なる一過性のブームで終わるおもちゃなのか、それとも何か特定の人の役に立つような金の卵なのか、今後の研究結果が楽しみではあります。


Amazon.comでハンドスピナーを見てみる
Amazon.co.jpでハンドスピナーを見てみる


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。宜しければポチってくださると更新の励みになります。


更新状況をお知らせしています Twitter facebook


スポンサーリンク