先日、当ブログの読者の方から「XX(ロサンゼルスの劇場)って現存してますか?」とご質問頂きました。私も良くわからなかったので、グーグルストリートビューで最近の劇場の様子を確認して「ありますよ」とお答えしました。

私などアメリカ在住の人間は、アメリカのグーグルストリートビューが結構頻繁に更新されいるのは経験的に知ってるので、気になる場所の最近の様子は、グーグルストリートビューで良く確認するのですが、日本にお住まいの方などには、あまりそういった現状が認知されていない&活用されていないのではないかと思いまして、今更感漂う内容ではありますが、今回敢えて記事にしてみようかと思います。

目次


アメリカの観光地の最近の様子確認はグーグルストリートビューが便利

日本にもグーグルストリートビューは存在しますが、更新頻度はあまり高くないようです。実際、私の実家(神奈川県)周辺のストリートビュー最終更新日を確認したところ、2015年9月の住所となっており、約2年前に撮影されたデータでした。

アメリカでは日本よりも頻繁にデータの更新が行われており、住宅地では1年に一回程度の更新、店や人通りの多い市街地では半年に一回の頻度で更新が行われています。更新頻度は、場所によってばらつきがありますが、大まかにそれくらいだと思います。

お目当ての建物が有るのか無いのか確認できるのはもちろんのこと、建物の大きさや周囲の雰囲気なども掴みやすいです。行ったことの無い場所の下調べするにはうってつけの機能なので、どんどん活用しましょう。

グーグルストリートビュー使い方

Googleストリートビューアプリ

PC版の方の解説だけざっとしておきます。
名称未設定
Google Map画面の右下にある黄色い人型のアイコンを地図上の見たい場所までドラッグします。


名称未設定2
人型アイコンをドラッグしている最中です。ストリートビューが有効な道路は青線で表示されます。青線の中の何処かでマウスを離し、人型アイコンを着地させます。

名称未設定
ストリートビューの画面に切り替わりました。写真をドラッグすると360度景色を見ることができます。

グーグル画像検索の期間指定フィルタを使用して最新画像のみ表示する

名称未設定
グーグル画像検索の期間指定フィルターを使用して、最近アップロードされた画像を優先表示することもできます。画面右上の「ツール」というボタンを押すと時間フィルタオプションが表示されます。

上のスナップショットはロサンゼルスダウンタウンにあるミリオンダラーシアターの画像を「一週間以内」でフィルタリングしたものです。

最近アップロードされてきた画像=最近撮影された画像とは限らないですが、ある程度参考になるのではないかと思います。


インスタグラム、Twitterで画像検索

こちらも、最近アップロードされてきた画像=最近撮影された画像とは限らないですが、参考になるのではないかと思います。

Twitterでは「filter:images 検索ワード」で画像付きツィートのみ抽出することもできます。




お目当てのレストランが現在も営業中かどうか調べる時、Yelpが便利

因みに、雑誌やネットで見たアメリカのレストランが、現在も存在しているのか確認したい時に便利なのはYelpというサイトです。
Yelpというのはアメリカの食べログみたいなものです。主に飲食店を中心としたレビューサイトですが、飲食店以外の観光地などの掲載もあります。

名称未設定


Yelp

お店が今も現存しているかどうかの確認ができる他、今日は営業中なのかどうか、本日の営業時間などの確認もできます。(既に閉店していて、お店が存在しない場合は、目立つ場所にClosedと表示されます)


まとめ

という訳で、ネットには便利なツール・機能が多数ありますので、賢く活用して、サクッと疑問解決しましょう、という話でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。宜しければポチってくださると更新の励みになります。


更新状況をお知らせしています Twitter facebook


スポンサーリンク