トレジョ(トレーダージョーズ Trader Joe's)で甘くないおやつ開拓中の私は、チーズのスナック菓子?を買ってみました。

チーズ・スティックス(Cheese Sticks)
IMG_2464
チェダーチーズ味のお菓子です。ツイストしてある固めのパイ生地のスティックタイプの食べ物です。アシアゴとチェダーチーズが生地の間に入った状態で、こんがり焼かれています。

スポンサーリンク


IMG_2465
パッケージ裏側に写真付きで使用例が載っていて、分かりやすいです。英語のおぼつかない私としては、このような視覚的に見てわかるサンプルは大変助かります。私はおやつとして購入しましたが、本来はサルサディップをつけて食べたり、サラダに投入したりするもののようです。

IMG_2466
中身はこんな感じです、パッケージ写真ほどこんがりしてませんが、ガリガリとした固めの食感で、結構食べ応えがあります。日本の不二家ホームパイの甘くないバージョンといった感じの食感です。

何か味のついたものを付けて食べるのが前提のようなので、塩味は薄味めについています。おやつとして単体で食べるには、やや薄味で淡白な印象ではありますが、単体で食べてもなかなか美味しいです。カリカリ感が癖になります。

ちょっと面倒なのは、小分けに食べたい時に、一度開封してしまうと、ジップロックなどの密閉された物に入れておかないとシケる点です。ロサンゼルスは乾燥しているので、開封したまま放置してても日本にいる時程、シケませんが、その点がちょっと気になります。日本のポッキーみたいに2つくらいの小分け包装になっているといいのにとは思いました。

おやつはもちろんのこと、お酒のおつまみなんかにも良いと思います。

スポンサーリンク

話は変わって、冷凍コーナーにあるスリラッチャシーフード餃子なるものを買ってみました。

スリラッチャ・シーフード餃子(Sriracha Seafood Potstickers)
IMG_2468
オレンジ色の皮に包まれた色鮮やかな餃子です。エビとカニが中に入っているようです。

IMG_2469
調理方法は電子レンジで調理出来る他、蒸し器やフライパンで通常の餃子と同様の調理方法もできます。

IMG_2473
中身はこんな感じです。分量にして約1〜1.5人前の分量が入っています。

IMG_2474
焦げ目を付けたかったのでフライパンで調理してみました。裏側がちょっと焦げすぎました。温めると、冷凍の時より色鮮やかなオレンジ色になります。

IMG_2475
切ってみました。エビ・カニの他にも春雨的なものや栗(!)なども入っているようです。

食べた感じは、まあエビとカニの餃子を作るとこんな感じになるよね、という味なんですが、カニ肉部分がペースト状になっているので、食感がモニュモニュしてるのが若干気になります。あまり外でシーフード餃子を食べたことがないので分かりませんが、レストランなどでシーフードの餃子食べても、もしかしたらこんな感じなのかもしれません。

通常の餃子のように、キャベツなどのシャキシャキ系野菜がもっと入ってたら、モニュモニュ感は気にならないのかもしれません。

あと微かに甘みがあるので、餃子に砂糖は入れない派の人は一口目は甘さが気になるかもしれません。

商品タイトルにスリラッチャに付いている割には、良くも悪くもそんなにピリ辛味はしません。皮のオレンジ色がスリラッチャで着色してあるのかと思いきや、皮の色は人参ジュースとレッドペッパーで着色してあるようです。

味はまあまあ美味しいんですが、やや食感が微妙なので、通常の肉餃子の方が私は好きかなという感想です。食卓に彩を添える的な意味では、華やかな見た目ですので良いかと思います。



トレーダージョーズ情報まとめサイト トレーダージョーズラブ
トレーダージョーズラブ



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村
↑ランキングに参加しています。宜しければポチってくださると更新の励みになります。


更新状況をお知らせしています Twitter facebook


スポンサーリンク